スポンサーリンク

【実験】ワックス乾燥ってどれぐらいすればいいの?~サフィール編~

革靴

こんにちは!
わださんです(^^)

僕のブログサイトに来ていただいてありがとうございます!

今回はちょっとマニアックですw


プロのシューシャイナーの方がよくされている

ポリッシュワックスの乾燥


「大体、一週間ぐらい乾燥させますね!」


と聞いたりもしますが、


一体どれだけ乾かすのがベストなのか?


気になりませんか?

とことん追求したいタイプなので、実験してみました(*´▽`*)

プロはワックスを乾燥させて好みの固さに調整しているらしい


「そもそもワックスの乾燥って何?( ゚Д゚)」


って思われる方もいるでしょう。


靴磨きの中で、特にハイシャインをかけるときには、


ある程度、乾いたタイプのワックスの方が

ピカピカに輝かせるのには使いやすいのです(*´ω`*)


ですが、買ったばかりのワックスは油分が多く


柔らかいので、ワックスを塗ったら、

表面を一回一回、乾燥させなければ行けません(´-ω-`)


もちろん、これはメーカーや商品の種類によっても違いがあります。


プロの方は仕事なので、スピードも求められますよね?


それゆえに自分の使いやすい固さになるように


乾燥を行って、カスタマイズしているのです!

では、どれくらいの乾燥がベストなのか観察してみた

観察に入る前に今回使うワックスの紹介をします(^^♪

それがコチラ!!

【サフィール ビーズ ワックス ポリッシュ】です(*´▽`*)

サフィールビーズワックスポリッシュとは?


サフィールはフランスのアベル社が持つシューケアブランドです。

高級カルナバワックスと蜜ロウがベースの伝統的な高級靴クリーム。


深みのある上質な光沢や風合いを演出し、同時に優れた保革効果も与えます。


ワックスは色々なメーカーから出ていますが、


個人的に第一印象として、

今までで一番柔らかく、「保革の為」のクリーム寄りのワックスといった感じでした。

では観察記録を一緒に見ていきましょう(*´▽`*)

・乾燥の仕方としては完全にフタを開けた状態で放置していました。

・毎朝8:00に記録をつけています。

1日目

1枚目写真はちょっと触っていますが、

完全に開けたばかりの状態は液体が少し表面に浮いていました。

ワックスを触ると、とても柔らかく、シャリシャリした触感があります。

指に取ると油分がジトっとつく感じがありました。

革への浸透性はかなり高そうなイメージです。

2日目

初日のシャリシャリ感がサクッとした触感に変わりました。

ただ押し込むとまだまだ、モチっとした粘度もあります。

指に取ると、じっとり感はなくなり固形物として付くようになりました。

3日目

モチっと感が無くなり、少し硬さがでてきました。

ガチガチではなくパキパキした触感。

指に取る量が急に少量しか取れなくなりました。

印象的には砕いたロウソクを触っているような感じ。

4日目

表面のひび割れが大きくなりましたが、硬さ自体には大きな変化はありません。

指に取れる量も少なく、払うとほとんど手に残らないです。

ワックスの表面をギュッと強めに押し込むと油分が溶けて手に薄っすらつきます。

5日目

油分が飛んで結構良い感じな硬さになってきました。

指に取ると結晶のような粒が取れます。

下地作り、ハイシャインどちらにも使えそうな感じ。

6日目

油分がしっかり飛んで、かなりドライな状態です。

表面のヒビも大きいですね。柔らかさは全くないです。

指に取りづらくなってきました。

ドライワックスとしてはこれくらいがいいのかもしれません。

これ以上乾燥させるとボロボロになって使えなくなりそうなので、

検証6日目で終了しました(*´▽`*)

結果、5日目が使いやすい


個人的には5日目が固さと伸び具合のバランスで見て

「一番使い勝手がいいかな」と思いました。


あくまで見た目と触感だけの判断なので


6日間、乾燥させたものでハイシャインをしてみて


使用感を更新します(*´▽`*)

使っていくうちに徐々に乾燥することも頭に入れておこう


乾燥について触れた記事でしたが


プロと一般の方では一日に磨く数は天と地の差です(;´∀`)


プロの方はワックスの減りも当然早いでしょう。


だからこそ常にベストな状態のワックスを武器としてもった状態で


戦っていかなければなりません(。-`ω-)

それに対して一般の方は多くても一週間に数足の磨き。


ですので、同じワックスを一年以上使い続けることがほとんどでしょう。


長い期間持っていれば、当然使っていくうちに自然と乾燥していきます。


よっていきなり乾燥させ過ぎて


のちのちボロボロで使いづらいモノになってしまう可能性もあるので


それも頭に入れてアレンジしましょう(´▽`)

もし、ボロボロになってしまって使えない(´-ω-`)

でも捨てるのはもったいない(ノД`)・゜・。

ってときはサフィールノワールの

「ワックスソフトナー」を使うとまた柔らかく戻すことができます!

靴クリームに使っても同じような効果があるらしいので取り入れてみたいですね(^^♪

最後に

いかがでしたか?

このブログの読者さんにそこまでこのネタに対して興味があるのかが不安ですがw

参考にしていただければ光栄です(*´▽`*)

熱中すると、とことん探究していきますので、

よかったらお相手くださいm(__)m

それではまた!

コメントお待ちしてます! 感想、疑問、質問お気軽にください。

タイトルとURLをコピーしました