スポンサーリンク

【悩み解決】革靴の銀浮きは本当に自力で直せるのか検証してみた!

革靴

こんにちは!
わださんです(^^)

僕のブログサイトに来ていただいてありがとうございます!

革靴を愛する皆さんなら

必ずと言っていいほど

直面するトラブルがあります(´-ω-`)

それが

「銀浮き」です(´-ω-`)

銀浮きは雨など、水に濡れることによって

革の表面がボコボコになってしまう現象です。

すぐにケアしないと直りにくくなる。

なんて恐ろしい情報もありますね( ;∀;)

様々な銀浮き対処法がありますが、

今回は「濡れたキッチンペーパーで直す」

という方法が、本当に有効なのかを

僕の私物で検証してみました!(;´∀`)

百聞は一見に如かず!実験してみた!

銀浮きを直す方法はいくつかあります(*´▽`*)

方法事例

・デリケートクリームを塗りこみ表面をならす

・濡れた布巾やキッチンペーパーで表面を覆い、靴の中の水分を均一にして元に戻す

・丸洗いする

このあたりでしょうか。

それぞれメリット・デメリットも考えられます。

デリケートクリームは気軽にできますが、表面を押し込む作業がなかなか大変。

そして銀浮きがヒドイ場合は難しい。

丸洗いは、うまく乾燥できなかった場合、

二度と履けなくなってしまうので、素人がやるにはリスクが大きい。

一番、有効で手軽そうなのは濡れ布巾を使う方法かなと思います。

とはいえ靴を濡らすのはちょっと怖いですよね(; ・`д・´)

なら僕が身をもって実験しましょう!

今回使うのはコチラです!

ジャランスリワヤのタッセルローファー可愛い

愛用のタッセルローファーです。

雨でぬれて、甲のあたりが銀浮きしてます。

分かりますかね?

実験開始!!!

銀浮きしたところを拡大してみました!

〇印のあたりがボコボコしてます。

雨に濡れて、数週間そのまま放置していました( ;∀;)

これを直していきます!

先ずはクリーナーで汚れ落とし

表面にクリームが残ったままだと、水の浸透にムラができてしまうので

クリーナーですっぴんにします(*´▽`*)

ちょっと付けすぎですね(;’∀’)

全体を優しくなでるように落とします。

ハイ!

古いクリームが落ちて、すっぴんの状態です(*´▽`*)

いざ、銀浮き退治!

ここから、本格的に銀浮きを直していきます!

初挑戦だったので、失敗したくないなと思い、

タッセルの部分は水が浸透しないようにラップで包んでみました!

サラーンラップだよッ♪サラーンラップだよ~♪

大雑把で汚い絵面ですみませんw

まだ、ボコボコしてます。

今回はキッチンペーパーで

丁度いい布がなかったので、キッチンペーパーで実験です!

全体を覆いながら、しっかりビショビショになるまで

霧吹きをかけます!

靴を濡らすのはドキドキですね( ゚Д゚)

型崩れ防止の為、バネ式のシューキーパーを入れたまま実験です

はい。

もう後戻りができないところまで来てしまいました( ;∀;)

とりあえず、用事があったので、

そのまま外出することに。

涼しい場所に放置しました!

約8時間経過!

帰宅すると、キッチンペーパーが乾いていました!

もっとひどくなってたらどうしよう…..( ;∀;)

と思いながら剥がしてみると・・・

キターー(≧▽≦)ーーーー!

完全にスベスベお肌に元通りになっておりました(*´▽`*)

左右ともにバッチリです!(*´▽`*)

ここまでうまくいくとは思いませんでした。

最初のドキドキは何だったんだw

ホントに簡単に取れてビックリです!

最後までケアしてあげよう!

急に水を含ませ、乾燥させたので

革の中は安定していない状態かと思いますので、

デリケートクリームでケアしてあげました!

少量ずつ浸透させていきます!

保湿は大事!

靴クリームでケア

可愛くて最後までケアすることにしましたw

クレム1925は伸びがよくて浸透させやすいです!

ブラッシングをして・・・・

ハイシャインでフィニッシュ!

ハイ!

ピカピカの元通りになりました(*´▽`*)

鏡面磨きのやり方はまたいつか紹介しますね!

最後に

いかがでしたでしょうか?

銀浮き直し。

もう全然怖くないです!

ドンとこいです!w

意外と手軽にできるのも発見でした(*´▽`*)

みなさんもぜひ挑戦してみてください!

それではまた!

スポンサーリンク
革靴 シューケア
スポンサーリンク
えッ!シェアしてくれるんですか⁉ありがとうございます( ;∀;)
なんとッ!フォローまでしてくれるんですか⁉神です( ;∀;)
わださん家

コメントお待ちしてます! 感想、疑問、質問お気軽にください。

タイトルとURLをコピーしました